正直に伝える事がポイント|実際の査定と一括査定とで値段が変わる|換えの時の選択肢
ミニカー

実際の査定と一括査定とで値段が変わる|換えの時の選択肢

正直に伝える事がポイント

交通事故

隠さないで伝える

過去に事故を起こしたことがある車は全て事故車と言う扱いになるわけではなく、事故によって車の骨格を損傷してしまった物がそれに該当します。実際に手放す時は売却をする事も可能ですが、その場合は事故車であることを正直に伝える事がポイントとなっています。もちろん査定を受ける際にプロの目で見ればそれが事故車かどうかという事は大体分かりますが、時にはそれを見逃してしまう事もあります。敢えて事故歴があるかどうかという事を伝える必要はありませんが、業者から質問された時は正直に答えるようにします。そうすれば実際に事故車を売却する為に査定を行った時もスムーズに手続きを進めて行く事が出来るだけでなく、トラブルを未然に防ぐ事もできます。

修復歴とは違う

事故車と言うと事故を起こした車全てがそれにあたると思われてしまう事もありますが、実際にはそうではなく、損傷した箇所によっては修復歴車と言うだけになる場合もあります。実際には事故車でもパーツとして利用する事が出来るので買取り対象となるし、修復歴があったとしても内容によっては査定額に殆ど影響ない場合もあります。査定を受ける時はなるべく業者から良い印象を抱いて貰う方が良い時も有るので、車を綺麗にしておく事は勿論の事、伝えておくべき情報は自分から伝えておきます。また車を綺麗にする場合はボディの外側だけを綺麗にするのではなく、車内もきれいに掃除しておく方がより見た目も良くなり、査定を受ける時にプラスに働く場合もあります。